早漏を克服するためのつの方法!早い男性もこれでコンプレックスを解消できる

男性のペニスの悩みといえば

  • 勃起しない
  • ペニスが小さい
  • 早漏

この3つがメインになるでしょう。

上の2つについては精力剤や増大サプリを飲むことである程度は、コンプレックスを解消することができます。

増大サプリを服用した体験談はこちら

【バリテインの効果】口コミ・評判と6ヶ月服用した増大の結果とは

しかし、早漏についてはそう簡単にはいきません。

早漏は精力剤やサプリを飲んでもなかなか克服できず、多くの男性が悩む問題です。

そのため今回は早漏で悩んでいる男性のために、自力でどのように克服すればいいのかまとめていきます。

 

心因性は意識をそらす

早漏になる理由の一つとして心因性というものがあります。

これは、いわゆる興奮のしすぎで、自分の興奮が抑えきれずに暴発してしまうタイプです。

こういった方は営んでいる最中は意識をそらすことである程度長持ちさせることができます。

例えば、女性の体を見るのではなく頭の中で九九を唱えてみたり、早口言葉を唱えたりしてみることをお勧めします。

そうすることで興奮が抑えられ、徐々に早漏を克服していくのがいいでしょう。

 

過敏性は刺激を少なくする

早漏になるもう一つの原因として過敏性が挙げられます。

心因性よりは過敏性の人の方が多いのではないでしょうか。

過敏性とは刺激に耐えきれずに暴発してしまうタイプのことを指します。

そのため、特にペニスが包茎の人に多い傾向があります。

そういった方はいくつか対策の方法があります。

 

厚いコンドームをつける

挿入する時にコンドームをつけますよね。

このコンドームも薄いものから厚いものまでいろいろな種類のものがあります。

多くの男性は薄い方が刺激が強くなるため、こちらを好みますが早漏の方は逆です。

厚いコンドームを装着することでペニスへの刺激も弱くなるので過敏性の方にはオススメです。

厚いコンドームの装着以外にコンドームを2枚重ねるなどの対策もあります。

 

ペニスを鍛える

次は日頃からできる取り組みですが、ペニスを鍛えることで早漏を克服することができます。

具体的にはペニスの頭を刺激してみることです。

包茎の人は川がかぶっているので刺激に慣れておらず、いざという時に早漏になってしまうのです。

そのため、普段から自分でいじる時は皮ではなく、刺激を直接与えることで刺激になれることが大事になります。

方法としては自分で触るのもいいですし、シャワーを当ててみるのもオススメです。

 

直前に抜いておく

最終手段としてはセックスの前に一発抜いておくことをお勧めします。

やはり一回目よりも二回目の方がペニスは刺激に鈍感になります。

これは男性ならばよく分かるはずです。

そのため前もってお風呂場やトイレで抜いておくことで早漏を克服できるかもしれません。

しかし、デメリットとしてはいざ本番の時に勃たなくなってしまう危険性があることです。

刺激に鈍感になる分、どうしてもペニスの勃ちが悪くなってしまいます。

そのため、精力剤を飲んだ上で先に抜いておくなどの工夫が必要になります。

 

強がらずに正直に伝えることが大事

女性は男性が思っている以上に早漏については気にしていないことが多くあります。

もちろん「早いな」と思われてしまうこともありますが、それでがっかりされることは男性が思っている以上に少ないです。

それよりも早く終わってしまった後に言い訳をする方がよっぽど女性は嫌がります。

「いつもはこんなんじゃないのに」とか「最近抜いてなかったから」とか言い訳するのはダサいのでやめておきましょう。

それよりも「早漏やし、いつもより興奮しているから」と前もって言っている方がよっぽどイサギがいいでしょう。

そして、そういった場合は一回で終わるのではなく二回戦、三回戦と励むことで女性を満足させてあげましょう。

 

女性は早漏も嫌だが遅漏も嫌

早漏の男性にとっては遅漏の男性がうらやましい部分もあるかもしれません。

「ずっと気持ちよくなれるからいいな」と思うかもしれません。

しかし、女性からすると早漏も好まれませんが遅漏も嫌っています。

やはり長い間ペニスが挿入されている時間が続くのは、痛みや苦痛が伴ってきます。

それならば早漏の方がよっぽどいいという女性も多くいます。

そのため早漏の方が目指すべきなのは遅漏ではなく、何回戦もできる絶倫なのです。

絶倫になることであなたは射精しながらも、女性を満足させることができます。

女性にとっては「私でこれだけ興奮してくれている」という高揚にもつながります。

そのため早漏の方は日頃から精力剤を飲んで絶倫を目指すことが何よりも大事なことなのです。

【バリテインの効果】口コミ・評判と6ヶ月服用した増大の結果とは